このガジェットでエラーが発生しました

2011年3月2日水曜日

先生という言葉

 
ちゃのは、素敵な人たちに囲まれて、演劇というものを楽しませていただいている
 
わたしは、もともと、観るのが好きな人で
 子どものころから、叔母に連れられ、劇場に行っていた
 
今は、母となり、何故か我が子が、舞台を観るだけでなく、
立つほうでも楽しませてもらっている
 
素敵なことだ!! なんてぜいたくなんだろうなー
 
 

そのちゃのが学んでいるのは、
 
登坂倫子さん
 
倫子さんは、「わたしは先生じゃないから」 
 と、
子どもたちも母たちも「のりこさん」 
 と、呼ばせていただいている
 
 
でも、おもしろいことに、子たちがふと、倫子さんをあらわすとき
 
「先生」
 
と出てくる。
 
そのあと、「あ、先生じゃなくて、倫子さん」 と、エヘヘと笑う
 
 
子たちは、知っているのだと思った
 
身体で、自然に、「先生」という言葉の意味を知っているのだと思う
 
 
なぜ、こんなことを突然書きたくなったかというと
 さっき倫子さんの日記を読んで、涙が出たから…
 
倫子さんのブログ
 
 
ちゃのたちの今度の劇の演目は the frog prince
 
先ほど、フライヤー用にいただいたあらすじ: 
 この森は誰のものだ!
 忠実な家来ビルと一緒に婚礼の直前に森を散歩する王子。
 美しい森で花を摘み始めます。
 ところが、その森の魔女に呪いをかけられ、王子はカエルになってしまいます。
 心清らかな娘の純粋な愛によるキスを受けない限り、もとの王子には戻れないのです。
 さあ大変。
 カエルは人間に戻れるのでしょうか?
 グリム童話「かえるの王様」を元にした、デイビッド・マメットの傑作子ども劇です。
 
 
  
倫子さんの日記にも書かれているけど、地球上での争いごと…
 たくさんの子どもたちも泣いている
 
 
日本だって泣いているよね
 
 国のリーダーって、なんなんでしょうね
 
 都のリーダーって、なんなんでしょうね
 
 先生って、なんなんでしょうね
 
  
 
子どもたちの劇ですが、色々とみえるものがあるといいな
 
5/5、ぜひ、いらしてくださいね
 
詳細は、決まり次第ご案内させていただきます
 
 
  ずっと、安心して、おやすみなさいって言える日々が続きますように… 

0 件のコメント: